医療事務 | 大分の医療の求人情報

大分の求人 【ラシク】
大分の求人 【ラシク】
無料エントリーはこちら

医療事務 求人一覧RECRUITMENT

大分県の医療事務の求人状況

医療事務の大多数の勤務先は病院、またはクリニックです。大分県内には152施設の病院と、805施設のクリニックがあります。これは、人口10万人あたりの病院数69.02施設であり、全国平均より高い数値となっています。つまり、それだけ勤務先が多いことを示します。(参照元:日本医師会 地域医療情報システム)

ほかにも調剤薬局の事務員として勤務する方もいます。どちらにしてもレセプト(診療報酬明細書)の作成が主な業務であり、カルテに記載された情報を健康保険の点数におきかえて、診療費用を計算するものを医療事務と言います。

大きな病院では医療事務をするスタッフが多く在籍し、仕事を分担して行っています。医療事務として募集されるものの中には、受付スタッフとして勤務する人がいたり、将来的に事務員をまとめる医事課主任などの役職があったりします。一方、小さなクリニックでは医療事務を担当する人は受付や会計から、カルテの整理まで幅広い仕事を行うケースもあります。

勤務先によって差がありますので面接のときなどに確認しておく必要があります。

大分県の医療事務の求人状況

医療事務の採用形態は正社員の他に、パートタイマーやアルバイト、派遣などがあります。まずは正社員以外で採用し、後で正社員に登用する制度のところも多く、採用時だけでなく、将来性も見据えて勤務先を選ぶとよいでしょう。

医療事務についての国家資格はありませんが、民間の資格や認定制度は複数あります。一般的に、医療事務、医療事務検定、ドクターズクラークなどの資格を持っていることを条件としているところが多いようです。採用条件に「資格を問わず」と書かれていても有資格者は有利ですので、積極的に取得することをおすすめします。

給与は一般的な事務職と同程度です。しかし通勤費の補助や各種手当て、退職金の有無も加味すると変わってきますので、単純な金額だけで比較せず、複合的に判断するようにしてください。

勤務形態が多彩で、基本的には座って行う仕事であるため女性に人気が高く、勤務環境もさまざまな配慮がされているところが多くあります。例えば病院併設の保育園を利用でき、正社員でも時短勤務を認めているなど。給与面だけでなく、福利厚生面から勤務先を探すのも一案です。

近年では電子カルテの普及が50%にまで広がっていると言われます。大分県で言えば、平成30年に出された「第7次大分県医療計画」で、電子カルテやオーダリングシステム等の導入の加え、地域におけるITを活用した医療情報連携などを重点施策のひとつとしています。

これは医療事務が行うレセプト業務やクラーク業務とも大きく関わる部分です。実務経験も重要ですが、これらの分野が得意な方は積極的にアピールすれば採用につながる可能性が大きくなります。

求人件数 : 53件

次ページへ »

非公開求人もございますので、
お気軽にエントリーください

エントリーはこちら