医師 | 大分の医療の求人情報

大分の求人 【ラシク】
大分の求人 【ラシク】
無料エントリーはこちら

医師 求人一覧RECRUITMENT

大分県の医師の求人状況

大分県では、2025年を目処に「医療機能ごとの需要と必要量を含めその地域にふさわしいバランスのとれた医療機能の分化と連携を適切に推進するための地域医療構想」を策定しています。(参照:令和元年度 病床機能報告の結果について - 大分県ホームページ)

これは、医療体制のあり方に関わるもので、そこで働く医師の勤務環境とも大きく関わります。

大分県全体を見ると人口は約110万人余りに対し、県内の病院数は152施設あります。このうち一般診療所は805施設あり、人口あたりの病院数は全国平均より高いのが特徴です。しかし、大分県内を地域別に見ると、南部医療圏と西部医療圏は医師少数区域になっており、目標医師確保に向けてさまざまな取り組みが実施されています。

例えば、医療現場における勤務環境改善支援やキャリア形成プログラムの策定などです。これらの地域は今後、これまで以上に手厚い条件での求人が増えていくでしょう。

最近は在宅療養支援病院や診療所も増加しており、ニーズも高まっています。これは高齢化社会には欠かせないものであり、在宅医療・訪問診療を行う医師のニーズは増えるでしょう。訪問診療で使える医療器具も進化しており、新たなキャリア形成として、このジャンルに挑戦するのもよいかもしれません。

医師の雇用形態は常勤と非常勤があり、非常勤の医師として複数の病院を掛け持ちする方も多く、その中に在宅医療を積極的に取り組む方も増えてきました。また、特定の診療科だけで働いている医師がいる一方、関連する他の診療科の診察を積極的に行っている医師もいます。

どの病院を選んだとしても他の仕事より給与などの労働条件がよく、勤務先を選択する権利は医師側にあるといえます。ただし、勤務先によっては幅広い診療科の知識が必要となりますので、自分に目指す医療にあった勤務先を選びスキルアップしていくと望む将来につながります。

病院や診療科によっては勤務時間が長く、休日にも急患に対応しなければならないケースもあります。実情がどのようになっているのかを事前に確認することも重要です。

女性医師に関しては、仕事と子育ての両立などワークライフバランスを確保し、離職防止・定着促進を図る取り組みがなされています。大分県では平成27年から医療勤務環境改善支援センターを設置し、勤務環境の改善が図られています。

大きな病院では併設する保育園で子供を預かってくれるなど、勤務条件だけでなく福利厚生面を重視して勤務先を選ぶのもよいでしょう。

大分県の医師の求人状況について

求人件数 : 0件

医師の求人情報は完全非公開のため、まずはエントリーください。

エントリーはこちら